ファッション

「ヨシオ クボ」がパリの船上で360度VRを使ったプレゼンテーションに挑戦

 「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」は、パリ・メンズ・コレクションにおいて6月20日に行う2020年春夏コレクションのプレゼンテーションを、360度実映像を用いたVRを使って発表する。会場はパリの船上で、シーズンの世界観とウエアのリアリティーを同時に伝える内容になるという。インビテーションには「大漁」の文字が描かれ、公開されたムービーには大漁旗風のウエアも見られる。

 同ブランドは17年からコレクション発表の場を海外に移しており、パリメンズへの参加は3回目。前シーズンはパリの劇場を貸し切って演劇の要素を取り入れたインスタレーションを行うなど、ここ最近はユニークな演出に挑んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら