ニュース

「ヨシオ クボ」がアルマーニの支援でミラノ・コレクションに挑戦

 「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」は、ジョルジオ・アルマーニによる若手デザイナー支援プログラムに選出され、2017年1月17日にミラノ・メンズ・コレクションに初参加する。会場はアルマーニ/テアトロで、2017-18年秋冬コレクションを披露する。日本人の選出は「ファセッタズム(FACETASM)」の落合宏理、「ウジョー(UJOH)」の西崎暢に続いて3人目。

 久保嘉男デザイナーは「(伊『ヴォーグ』の)サラ・マイノの推薦がきっかけだった。ヨーロッパでランウェイショーをやってみたい気持ちはあったが、そこまで本気で考えてはいなかった。今までこういう形で選出されたことがなかったので、いいきっかけになった」と話す。

 すでにデザイン、パターン、生地の当て込みなどのコレクション制作はほぼ終えていたが、ミラノメンズへの参加が急遽決まり、作り替えを検討しているという。「『かましてやろう!』という気持ちで挑むが、服を派手に作り替えるということではない。今回の会場は自分で作った箱ではなく、あくまでアルマーニが用意した場所。その場所でどう見せようかということをもう一度練り直し、チームで考えているところ」と、大舞台にも気負わず、あくまで冷静に臨む。「鼻息荒めで臨んで、上手くいった試しがないから(笑)。自分は縁起を担ぐタイプ。未だに東京のショーでは、成功したシーズンの時と同じリズムで起きて、同じスムージーを飲んで、散髪に行ってからショーに臨んでいる。ミラノでは飛行機に乗る前にトンカツを食べたり、外国バージョンで挑みたい」と笑う。

 現在、海外の卸先は約25アカウント。ミラノでのショーをきっかけに、海外の販路拡大を狙う。「今回のショーをきっかけに、今まで『ヨシオ クボ』を知らなかった人たちが興味を持ち、展示会に足を運んでもらって、このブランドおもしろいと思ってもらうのが一番の目的。ただ、東京のショーを楽しみに待ってくれる人に見せられないのは残念だ。今までショーを見てくれた人に育ててもらったので、そういう人たちにも何らかの形で発表したい」。