ファッション

パルコなど3社がVRを使ったファッション作品のアワード開催

 パルコとPsychic VR Lab、ロフトワークの3社はファッションとカルチャー、アートの3分野のVRコンテンツを募るアワード「ニュービュー・アワーズ 2018(NEWVIEW AWARDS 2018)」を開催する。これまでゲームなど一部にとどまっていたVR(仮想現実)を、ファッションなどのライフスタイル全体に広げることが目的。山口征浩Psychic VR Lab社長は「近未来にはすべてのクリエイターが3次元のVR空間を手に入れられるようになる。そうした近未来に先駆け、新しい“超体験のデザイン”をけん引する次世代クリエイターを発掘したい」と意気込む。最高賞のゴールド(1作品)が2万ドル(約220万円)、シルバー(3作品)が5000ドル(約55万円)の賞金が授与される他、ファイナリストは8月末に東京・青山の「ギャラリーX バイ パルコ(GALLERY X BY PARCO)」で展示する。最終審査結果は10月上旬に発表する。

 VRのソフトウエアとして、Psychic VR Labが提供するVRのクラウド制作サービス“スタイリー(STYLY)”を使用する。“スタイリー”はインターネット経由で使用できるVRの制作サービスであるため、高価なPCやツール、プログラミング知識が不要で、3Dデータや画像、動画などを使用できる。

 募集期間は6月1日から7月31日まで。審査員には編集者の伊藤ガビン、アーティストのm-flo、パルコの泉水隆・常務執行役、音楽家・シンセサイザープログラマーの松武秀樹らが務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら