ファッション

「フェラガモ」から新作“ステューディオ バッグ”登場 ポール・アンドリューによる初のバッグ

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は、ポール・アンドリュー(Paul Andrew)=クリエイティブ・ディレクターによる初めてのハンドバッグ“フェラガモ ステューディオ バッグ(FERRAGAMO STUDIO BAG)”を発売した。

 “フェラガモ ステューディオ バッグ”は、ブランドのアイコンモチーフ、ガンチーニを使ったゴールドの留め具と、バッグの底のメタル製スタッズがアクセント。最高級のイタリア製天然レザーを使い、熟練のイタリア人職人が手作業で作った。フロントフラップの下にジップポケット、バッグ内部に取り外し可能なポーチ、長さ調節可能なショルダーストラップを付け、実用性を高めた。サイズは、ミディアム(高さ30cm、幅35cm、マチ18cm、27万5000円)とスモール(高さ25cm、幅29cm、マチ14.5cm、25万円)の2種。

 また、世界限定のナンバリング入りのスペシャルエディションも数量限定で販売する。メタリックシルバーとカラーブロックの2型で、それぞれ世界で95個を販売。サイズはミディアムのみで、価格は29万円。「フェラガモ」銀座本店と大阪梅田本店に加え、伊勢丹新宿本店と阪急うめだ本店のバッグコーナーで取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら