ファッション

「23区」が中村アン起用の広告ビジュアル公開 ファッション誌も創刊

 オンワード樫山は、ウィメンズブランド「23区」のプロモーションキャンペーンとして、女優でモデルの中村アンを起用した広告ビジュアルを公開した。若年層を中心に支持を集める中村の起用により、次世代へのブランド訴求を目指す。公式ホームページやSNS、店頭に掲載するほか、都内主要駅や電車内のデジタル広告も展開する。

 またメディア戦略の一環として、ブランド初のファッション雑誌「マイ スタンダード(MY STANDARD)」を創刊した。広告ビジュアルと同様に中村を起用したファッションストーリーを収録するなど、単なるカタログではなく情報感度の高い人に向けたファッション雑誌として位置付ける。全148ページで25万部を刊行し、店頭や顧客への郵送で配布する。3月11日には、掲載商品を検索できる特設サイトも公開する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら