フォーカス

フレッド シーガルが代官山の旗艦店を閉鎖 米国CEOは日本撤退を否定

 米国発ファッション&ライフスタイルストア「フレッド シーガル(FRED SEGAL)」が国内唯一の店舗である代官山店を1月15日に閉店していたことが分かった。フレッドシーガルジャパン(藤田浩行・社長)が米フレッドシーガルからライセンスを受けて運営していた。2016年から本国CEOを務めるアリソン・サメック(Allison Samek)氏は代官山店の閉店理由について、「日本の以前のライセンシーから引き継がれた遺産の店舗だった。私たちは新しい場所で新たにスタートを切ることが最善だと感じたため」と説明する。

 代官山店は東急電鉄が開発した代官山ログロードに2015年4月に出店したが、目抜き通りから奥まった場所にあり、来店客数の少なさも指摘されていた。

 ただし、日本からの撤退は考えていない。「日本は『フレッド シーガル』ブランドのための重要な市場になると信じている。成長戦略としてeコマース、店舗、プライベートブランドを構築していく」と続ける。今後数カ月は「ポップアップストアを通じてコミュニティーと来訪者にサービスを提供し、eコマースビジネスの成功に軸足を移していく」としている。

 日本の顧客や取引先に対しては、「カリフォルニアを象徴するヘリテージブランドである私たちに対して、愛と情熱とを持っていただけていると感じている。1961年以来、『フレッド シーガル』は世界中の人々に、自由に、そして個性的に生きるよう促してきた。今後数年間でこのブランドをこれまでとは違ったやり方で復活させる機会を得てワクワクしている」と語る。

 「場所や規模は検討中だが、今後数年以内に旗艦店も出店する予定もある」。日本での経営体制については「ノーコメント」としている。

 なお、フレッドシーガルは米本国でも店舗網を再編しており、17年にロサンゼルスのウエストハリウッド(サンセット通り)に新旗艦店をオープンしているが、「米国での事業は順調に進んでいる。サンセットのフラッグシップストアは予想を上回る成果を残している。ラグジュアリーなアイテムだけでなく、音楽や食を含めて、お客さまに独自の体験を提供することに重点を置いている」と説明する。一方で、ECについては、「これまでフォーカスしてこなかったが、今年から来年にかけて、この分野をかなり成長させたい」考え。