ニュース

「トリー バーチ」が銀座に新旗艦店 占星術家とのコラボ企画も

 トリー バーチ(TORY BURCH)が銀座に新たな旗艦店を12月14日にオープンする。場所は銀座4丁目、晴海通りに面した「テイジン」メンズショップ銀座本店の裏で、並木通り沿い。店舗は4階建てで、最上階にはVIPを迎えるためのラウンジを用意する。7月に就任したピン・オン(Ping Hsien Ong)トリーバーチ・ジャパン社長が手掛ける初のプロジェクトだ。

 新店の外観は、銀座店のためにオーダーしたテラコッタタイルと真ちゅうを使用した大きな窓が特徴だ。“日本職人たちへの敬愛を表現した”という内装は、全世界の「トリー バーチ」の店舗と同様に清潔感のあるモダンなインテリアに、米国と日本の要素を随所に散りばめた。石こうのシャンデリアはニューヨークのメーカー「アトリエ デミアージュ(ATELIER DEMIURGE)」製の特注品で、階段には日本人アーティストが格子柄のペイントを施し、ドアハンドルは日本の建築金物ブランド「マチュアウェア バイ フタガミ(MATUREWARE BY FUTAGAMI)」が製作した。

 また「トリー バーチ」はニューヨーク出身の占星術家であるスーザン・ミラー(Susan Miller)とコラボし、12星座に合わせたホリデーギフトの提案とプロモーションの展開を始める。長年占星術に興味があったというデザイナーのトリー・バーチの思いを投影した同企画はホリデーコレクションの発売に連動するもので、1月にはSNSやオンラインで動画の配信を予定している。アイテムは12月4日から「トリー バーチ」公式オンラインストアで先行販売を開始し、15日から銀座店で取り扱う。また同店限定のクロスボディーバッグ(4万2000円)も販売する。

■トリー バーチ 銀座店
オープン日:12月14日
時間:11:00~20:00
住所:東京都中央区銀座4-3-11

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら