ビジネス

「グッチ」擁するケリングがヴァレンティノを買収か?

 「グッチ(GUCCI)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」を擁するケリング(KERING)が、ヴァレンティノ(VALENTINO)買収を狙っているというウワサが浮上している。

 ヴァレンティノは2012年にカタールの投資企業メイフーラ(MAYHOOLA)に8億5800万ドル(約978億円)で買収されている。ある業界筋によれば、マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)=グッチ社長兼最高経営責任者は昨年、メイフーラに「ヴァレンティノ」買収について話を持ちかけたという。この申し出は断られたものの、ラグジュアリーブランドの取り合い合戦が過熱する中、可能性がゼロになったとは考え難い。

 メイフーラはヴァレンティノを売却するつもりはないものの、提案や申し出については話を聞く姿勢だと業界筋は見ていた。そして過去数週間にわたって、メイフーラとケリングの交渉が再開されたというウワサが浮上している。

 ケリングにはコメントを拒否された。また、メイフーラ広報にはリーチできなかった。
 
 「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」でピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)「ヴァレンティノ」クリエイティブ・ディレクターと協業するモンクレールも買い手候補とウワサされるが、モンクレールはウワサを否定する。「当社は現在進行中のプロジェクトをまっとうすべく、全社員がまい進する」とコメントを発表した。
 
 ヴァレンティノの17年の売上高は前期比5%増の11億6000万ユーロ(約1496億円)で、EBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)が同7.7%減の1億9000万ユーロ(約245億円)だった。メイフーラはヴァレンティノを上場する計画をたびたび進めていたが、最終的には見送られている。

 業界筋はメイフーラがヴァレンティノを売却すれば、買収価格の2.5倍の金額を手にすると見ている。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら