ビジネス

瀧定大阪がスタイレムへの社名変更を延期

 服地卸国内最大手の瀧定大阪は2019年2月に予定していた子会社のスタイレムとの合併を延期する。合併後は社名をスタイレム(STYLEM)に変更する予定だった。瀧隆太・社長は「5年を掛けて準備を進めてきたが、もう少し時間が必要だと考えるに至った」と理由を語った。同社は1864年に名古屋財界の名門企業である瀧兵商店(現タキヒヨー)の番頭を務めていた瀧定助が創業した瀧定商店がルーツで、名古屋を拠点にする瀧定名古屋と兄弟会社。

 08年に瀧定大阪の社長に就任した瀧社長は、組織改革やIT化の推進、海外と新規事業の拡大などを指揮する一方、13年にコーポレートブランドとしてスタイレムを制定。その後は15年2月には同名の新会社を設立し、主力の服地卸とOEM事業を移管するなど、社名変更の準備を進めてきた。瀧社長は「入念に準備は進めてきたが、社外への発表後に多くの人からさまざまな意見をいただき、その中には私の知らないこともあった。その上で、やはり自分自身が納得できなかったこともあり、延期を決めた。合併の期限は決めず、自分が納得できるタイミングになる。ただ、これまでの経営方針には何の変更もない。今後もデジタル時代に対応したグローバルなファッションサプライヤーの確立にまい進する」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら