ビジネス

瀧定大阪18年1月期の純利益は8億1900万円に 構造改革にメド

 瀧定大阪の2018年1月期の業績(瀧定大阪とスタイレムの2社連結)の純利益は、8億1900万円(前期は286億円の損失)だった。前期は約220億円のデリバティブ損失に加え、同社が“消費ブランド事業”と呼ぶブランド及び小売り事業の減損損失などを計上していたが、18年1月期に「オリーブ・デ・オリーブ(OLIVE DE OLIVE)」など苦戦の続いていたブランドをほぼ売却。構造改革にメドを付けた。瀧隆太・社長は「ほぼ期初の計画通りに進められた。今後は服地卸とOEM(相手再ブランド生産)に経営資源を集中させるが、これまでのリテール事業で培ってきた知見を生かし、地に足の着いた経営を進めていく」と語った。売上高は前期比0.1%減の834億円、営業利益は同4.8%増の10億9200万円、経常利益は同29.8%減の13億4000万円だった。

 売上高の9割以上を占め、服地卸とOEMを展開するサプライヤー事業(グループの単純合算、海外事業なども含む)は売上高が同2.3%増の949億円、営業利益が同12.5%減の10億3500万円だった。サプライヤー事業を展開する事業会社スタイレムの酒向(さこう)正之・社長は「中国を筆頭に、欧米市場で現地子会社が展開するテキスタイル事業は絶好調で、売上高は前期比10%増になり、100億円を突破した。一方でOEMは苦戦した。国内のアパレル市場は縮小トレンドが続いており、服地卸だけでは顧客が限られてしまうため、OEM事業は必須。縫製工場を集約し、立て直す。ただ、国内でも新しいプレイヤーが誕生している。まだまだ全体をカバーするほどではないが、成長スピードは早く、明るさも少しずつ見え始めている」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら