ファッション

米西海岸発のスーツケースが日本本格上陸 有力セレクトで販売

 伊藤忠リーテイルリンクは、アメリカ発のスーツケースブランド「リカルド ビバリーヒルズ(RICARDO BEVERLY HILLS以下、リカルド)」の日本における輸入・ライセンス権を取得し、既存商品の販売および日本企画の商品製造を開始した。販売は11月からスタートしており、アルミニウムの光沢が特徴の“エルロン(AILERON)”(6万〜7万円)やシンプルなワントーンカラーの“アリス(ARRIS)”(3万8000〜4万2000円)をはじめ、全9型のスーツケースとトートバッグやトラベルポーチなどがそろう。11月20日からエディフィス(EDIFICE)新宿店でポップアップショップを開く他、ナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)など有力セレクトショップで販売を予定しており、ファッション系アカウントの販路を開拓する狙いだ。

 「リカルド」は、1978年に米ビバリーヒルズでリチャード・リカルド・ギブス(Richard Ricardo Gibbs)が創業した。プライベートで気軽に持てるデザインや日常使いに便利な機能にこだわっている他、1万9000円〜という値ごろ感のある価格帯も強みの一つだ。現在は日本や韓国を含む、40以上の国や地域で販売している。

 伊藤忠リーテイルリンクの堀口智治氏は、「スーツケース市場は安定して動いている。当社は『サムソナイト(SAMSONITE)』の販売を行っているが、自分たちでも製品作りができるスーツケースブランドを探していた。『リカルド』は欧米に比べて日本での知名度はまだ高くないし、日本企画への理解もあるのでファッションアイテムとしての提案ができそうだ。ブランドの世界観と合うショップやブランドと、積極的に協業していきたい」と期待する。初年度は2000個を販売し、売上高1億円を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら