ビジネス

オンワードHD3~8月期は減収減益 「23区」の不調響く

 オンワードホールディングス(HD)の2018年3~8月期連結決算は、売上高が前年同期比1.3%減の1138億円、営業利益が同57.6%減の6億600万円、経常利益が同37.6%減の13億円、純利益が同34.8%減の14億円だった。

 国内事業の売上高は907億円で同4.1%減。中核事業会社オンワード樫山が基幹ブランドに据える百貨店向け4ブランドの売上高が同3%減となったことが主な減収要因となった。「ICB」が同2%増、「自由区」が同7%増と健闘したものの、それらの3倍程度を売り上げる最大ブランド「23区」が同7%減と不振だった。千葉・習志野の倉庫にリアル店舗とECの在庫を一元化するなどの物流改革も、コストをかさ増しした。結果、営業利益は同13.4%減の38億円だった。

 海外事業の売上高は277億円で同9.5%増と伸びた。「ジル・サンダー(JIL SANDER)」が好調で、中国での売れ行きも改善した。だが不採算店舗の整理などが響き、海外事業全体としては、営業損益が13億円の赤字(前年同期は12億円の赤字)を計上した。

 上期の不振に伴い、通期の業績予想を下方修正する。修正後は売上高が2436億円(前回予想2485億円)、営業利益が54億円(同72億円)、純利益が55億円(同60億円)。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら