ビジネス

「ジョゼフ」に新クリエイティブ・ディレクターとCEOが就任 2019-20年秋冬コレクションでデビュー

 オンワードホールディングス傘下の英「ジョゼフ(JOSEPH)」はクリエイティブ・ディレクターにスサナ・クレイトン(Susana Clayton)を指名した。2017年8月末に退任したルイーズ・トロッター(Luise Trotter)の後任だ。また、11月5日付で新しい最高経営責任者(CEO)にバーバラ・カンポス(Barbara Campos)を迎え、高木宏・現CEOは会長職に就く。

 デザイナーとして20年のキャリアを持つクレイトンは、直近では「ジバンシィ(GIVENCHY)」でウィメンズウエアのデザイン・ディレクターを務めていた。「クロエ(CHLOE)」や「ギャップ(GAP)」「ラグ & ボーン(RAG & BONE)」での経験も持つ。「ジョゼフ」ではメンズ、ウィメンズともに担当し、19-20年秋冬コレクションでデビューを飾る予定だ。クレイトンは「ファッションのトレンドと時代を超えるラグジュアリーの良さを組み合わせ、創業者ジョゼフ・エテッドギー(Joseph Ettedgui)が考えたブランドらしさを大切にしていきたい」と語った。

 カンポス新CEOは、直近ではマルニ(MARNI)でグローバル・ホールセール・ディレクターを務めていた。同CEOはクレイトンについて、デザイナーとしての幅広い経験が最大の強みだと称賛し、「ラグジュアリーファッション業界で素晴らしい経歴を持ち、ビジネスについての理解も深い」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら