ファッション

松屋銀座本店が紳士フロアを改装 ウィズコロナ時代に対応

 松屋銀座本店は、2月23日に5階紳士フロアをリニューアルし、カジュアルウエアの3ブランドの取り扱いとアクティブスーツのパターンオーダーを開始する。

 新たに取り扱うブランドの1つ、「單農(DAN NONG)」は中国・広州発のカジュアルブランドで2020年1月に海外初の店舗を東京・青山にオープンした。使用する素材の60%は、和紙を織り込んだ生地、注染、有松絞りなど日本産。他にも中国産のシルクやカシミヤを使用し、長く着続けられるアイテムをテーマにしている。

 加えて「ジョゼフ(JOSEPH)」、ゴルフテイストを取り入れた日本のカジュアルブランド「トヴホ プラス スタッツ(TOVHO + STATS)」の取り扱いも始める。

 松屋銀座が運営するスーツショップ「アトリエメイド」では、パターンオーダーのサービスにアクティブスーツを追加する。伸縮する生地、ウエストゴムのパンツを使用し、動きやすさと着心地を実現した。肩パットなどの副資材なども取り除き窮屈さを改善しながら、フォーマルな仕立ては残した。値段はポリエステルで5万5000円、ウールとウールポリエステル混合で6万6000円だ。

 コロナ禍で働く男性の必需品であったスーツやスーツケースなどの需要が減り、紳士フロアの売り上げが前年比3割以上減少。リニューアルで着心地と“きちんと感”を両立したアイテムを増やし、“ウィズコロナ時代”のニーズに対応することが目的だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら