ファッション

「ジョゼフ」のクリエイティブ・ディレクターが退任 

 オンワードホールディングス傘下の英「ジョゼフ(JOSEPH)」のルイーズ・トロッター(Luise Trotter)=クリエイティブ・ディレクターが8月末に9年間在籍したブランドを去る。2019年プレ・フォールがトロッターの最後のコレクションで、後任はまだ発表されていない。

 高木宏輔ジョゼフ最高経営責任者は、「トロッターはブランドに大きく貢献してくれた。メンズウエアやアクセサリーもローンチし、特に国際的な事業の拡大に尽力した。『ジョゼフ』での彼女の重要な役割と、今後のブランドの成功への基礎を築きあげてくれたことに感謝している」と語った。

 トロッターは、「『ジョゼフ』での9年間は素晴らしい経験で、才能のあるチームに囲まれ情熱とクリエイティビティーを共有できたことは非常に幸運だった。チームや共に働いた優秀な人々に心から感謝している」とコメント。
 
 トロッターは、「ギャップ(GAP)」でプロダクトデザインやウィメンズラインのマーチャンダイジングを担当。その後、「H ヒルフィガー(H HILFIGER)」でクリエイティブ・ディレクター兼シニア・バイス・プレジデントに就任した。英ハイストリートブランド「ジグソー(JIGSAW)」でクリエイティブ・ディレクターを務めたのち、09年に「ジョゼフ」に加わった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら