ファッション

「ジョゼフ」のクリエイティブ・ディレクターが退任 

 オンワードホールディングス傘下の英「ジョゼフ(JOSEPH)」のルイーズ・トロッター(Luise Trotter)=クリエイティブ・ディレクターが8月末に9年間在籍したブランドを去る。2019年プレ・フォールがトロッターの最後のコレクションで、後任はまだ発表されていない。

 高木宏輔ジョゼフ最高経営責任者は、「トロッターはブランドに大きく貢献してくれた。メンズウエアやアクセサリーもローンチし、特に国際的な事業の拡大に尽力した。『ジョゼフ』での彼女の重要な役割と、今後のブランドの成功への基礎を築きあげてくれたことに感謝している」と語った。

 トロッターは、「『ジョゼフ』での9年間は素晴らしい経験で、才能のあるチームに囲まれ情熱とクリエイティビティーを共有できたことは非常に幸運だった。チームや共に働いた優秀な人々に心から感謝している」とコメント。
 
 トロッターは、「ギャップ(GAP)」でプロダクトデザインやウィメンズラインのマーチャンダイジングを担当。その後、「H ヒルフィガー(H HILFIGER)」でクリエイティブ・ディレクター兼シニア・バイス・プレジデントに就任した。英ハイストリートブランド「ジグソー(JIGSAW)」でクリエイティブ・ディレクターを務めたのち、09年に「ジョゼフ」に加わった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら