ビジネス

「ベルスタッフ」の組織改革続く クリエイティブ・ディレクターも交代

 「ベルスタッフ(BELSTAFF)」のデルフィーヌ・ニヌー(Delphine Ninous)クリエイティブ・ディレクターがブランドを去るようだ。後任にはショーン・レーンハート・ムーア(Sean Lehnhardt Moore)が就く。彼は、この6月にメゾンに加わる予定。「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」「ダナ キャラン ニューヨーク(DONNA KARAN NEW YORK)」などでメンズ、ウィメンズ・コレクションを手掛けてきた。

 デルフィーヌ=クリエイティブ・ディレクターは、2014年に「ベルスタッフ」にウィメンズ担当のバイス・プレジデントとして参画。のちにメンズも統括する現職に昇進した。

 ヘレン・ライト(Helen Wright)最高経営責任者(CEO)は、「デルフィーヌの過去4年の多大なる貢献に感謝するとともに、ショーンを心から歓迎したい」などとコメントした。

 ブランドは昨年、イギリスの化学メーカーのイネオス(INEOS)が買収。イギリス第2位の富豪とされるジム・ラットクリフ(Jim Rarcliffe)=イネオスオーナーが改革を進めているとされる。起業家でアマチュア屈指のアスリート、そしてバイク狂として知られる彼の資産は210億5000万ポンド(約3兆500億円)にのぼるようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら