ファッション

「ベルスタッフ」×「ソフネット」カプセルコレクション発売

 英国の「ベルスタッフ(BELSTAFF)」は、「ソフネット(SOPHNET.)」と初めてコラボした2017年春夏のカプセルコレクションを1月25日に発売する。日本では、伊勢丹新宿本店メンズ館で1月25〜31日にオープンするポップアップストアと、全国のソフネット店舗で販売する。アイテムはアウターがメーンで、アイコニックな4ポケットの“ロードマスタージャケット”(11万8000円)や70年代の“レベル バイカー ジャケット”(6万8000円)など全6型。

 ベルスタッフ・ジャパンの設立まもない15年10月に、ギャビン・ヘイグ=ベルスタッフ本国CEOが、清永浩文「ソフ」デザイナーに出会ったことが今回のコラボのきっかけで、日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカ、香港、韓国などでも販売する。

 ギャビン・ヘイグCEOは「カプセルコレクションを発表できることを非常に誇らしく思う。『ベルスタッフ』のアイコニックなアウターに、ストリートのインスピレーションを加え、モダンで都会的な機能性をコレクションに加えてくれた」とコメント。

 清永デザイナーは「『ベルスタッフ』のフィロソフィーを最大限に活かしつつ、自分たちが日本で培ってきた独特のカルチャーを組み合わせて、両ブランドを見てくれる方、まだ出会ったことのないファンの方にも響くものができたと思う」と自信をのぞかせた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら