ファッション

デヴィッド・ボウイの回顧展「DAVID BOWIE is」 300点以上の資料や衣装を展示

170106_davidbowieis_top

 昨年1月にこの世を去ったデヴィッド・ボウイ(DAVID BOWIE)の回顧展「DAVID BOWIE is」が、1月8日〜4月9日まで東京・品川の寺田倉庫で開催される。アジア唯一の開催となる同展は、13年のロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)を皮切りに、シカゴやパリ、サンパウロなど世界中の都市を巡回し、累計160万人以上を動員。来場者がヘッドフォンを装着し、音楽と共に鑑賞する体験型の催しだ。会場ではボウイ自身のアーカイブを中心に「STARMAN」「FASHION」「JAPAN」「SOUND&VISION」「SPECIAL」の5カテゴリーに分けて厳選された300点以上の資料や衣装が展示される。「SPECIAL」のエリアでは「David Bowie Meets Japan」と題した日本独自企画として、映画「戦場のメリークリスマス」でボウイと共演した坂本龍一と北野武のインタビュー映像も上映される。

 ここでは同展の展示衣装を元にジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)やトム フォード(Tom Ford)など数々のデザイナーのミューズにも挙げられたデヴィッド・ボウイのファッション「DAVID BOWIE is “FASHION”」を紐解いていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら