ファッション

わずか2シーズンで退任した「ロシャス」メンズデザイナーの後任が決定

 「ロシャス(ROCHAS)」は、べアトリス・フェラン(Beatrice Ferrant)前メンズ・アーティスティック・ディレクターの後任に、フェデリコ・クラーディ(Federico Curradi)を起用した。フェデリコによるコレクションは2019年1月に披露される予定だ。

 43歳のフェデリコ新アーティスティック・ディレクターは「エルマンノ シェルヴィーノ(ERMANNO SCHERVINO)」のメンズや「ロベルト カヴァリ(ROBERTO CAVALLI)」のメンズのトップを歴任。16年に自身の名前を冠したブランドをスタートし、アウターウエアブランドの「ピューテリ―(PEUTEREY)」のクリエイティブ・ディレクターを兼務している。「ロシャス」親会社の仏フレグランスメーカー、インターパルファム(INTERPARFUMS SA)のフィリップ・ベナサン(Philippe Benacin)最高経営責任者は「フェデリコは『ロシャス』を次のレベルに持ち上げる才能がある」と語っている。

 「ロシャス」は16年に本国主導のメンズラインを22年ぶりに復活。それに伴いフェラン前アーティスティック・ディレクターを起用したが、わずか2シーズンで退任していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら