ビジネス

ラガルデール グループがマリ・クレール株を売却 広告収入は前年同期比6.7%減

 フランスのラガルデール グループ(LAGARDERE GROUP)は保有していたマリ・クレール(MARIE CLAIRE)株42%をその親会社であるマリ・クレール・グループへ売却した。

 ラガルデール グループは今年初めにもフランス版「エル(ELLE)」を含む計4誌と仏「エル」のオンライン版をチェコの巨大メディア企業チェコ メディア インベスト(CZECH MEDIA INVEST)に売却する計画を発表している。またグループ傘下だった東欧のラジオ局もチェコ メディア インベストに7300万ユーロ(約94億円)で売却している。

 ラガルデール グループによると、雑誌部門の2018年1~6月期の広告収入は、前年同期比で6.7%減だったという。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら