ビジネス

ラガルデール グループがマリ・クレール株を売却 広告収入は前年同期比6.7%減

 フランスのラガルデール グループ(LAGARDERE GROUP)は保有していたマリ・クレール(MARIE CLAIRE)株42%をその親会社であるマリ・クレール・グループへ売却した。

 ラガルデール グループは今年初めにもフランス版「エル(ELLE)」を含む計4誌と仏「エル」のオンライン版をチェコの巨大メディア企業チェコ メディア インベスト(CZECH MEDIA INVEST)に売却する計画を発表している。またグループ傘下だった東欧のラジオ局もチェコ メディア インベストに7300万ユーロ(約94億円)で売却している。

 ラガルデール グループによると、雑誌部門の2018年1~6月期の広告収入は、前年同期比で6.7%減だったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら