ファッション

業界人言いたい放題! 米雑誌のセプテンバー・イシューを斬る

  今年もセプテンバー・イシュー、雑誌が、広告で一番分厚くなる9月号が発売された。一番広告の多い号は、当然、気合十分で作られただろうし、そこには各誌のメッセージが込められているだろう。

 そこで米「WWD」は、アメリカの女性誌の9月号を総点検!業界人に、最新号についてイロイロ語ってもらった。

VOGUE

表紙:Jennifer Lawrence

インスタグラムの「いいね!」数(8月15日現在。以下、同):18万1505

 創刊125年の「ヴォーグ」は、ジェニファー・ローレンスを起用して4つの表紙を作成。うち1つは、アーティストのジョン・カリン(John Currin)が描き下ろした。駅のキオスクで売っているのは、ジェニファーが自由の女神と共演するバージョン。きっと「ヴォーグ」は、移民制限政策に賛同するコンサバな右派になんらかのメッセージを発信したいに違いない。広告業界のベテランは、「もしこれが、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領へのメッセージだとしたら、最高にカッコいい!」と賛辞を送る。一方で、「せっかく自由の女神の前で写真を撮ったんだから、もっとさまざまな人種の女優を起用しても良かったのでは?」との意見もある。

W

表紙:Katy Perry

インスタグラムの「いいね!」数:9194

 「ダブリュー」最新号は、ARにトライ。一部ページはスキャンするとアプリが起動する。業界人は、「ユニークなグラフィックだし、インタラクティブというのも面白い。『ダブリュー』とは、そういう媒体だ」と評価する。ただ、「面白いのは表紙だけ。あとは全部、これまでと一緒」という手厳しい意見も。

MARIE CLAIRE

表紙:Emma Stone

インスタグラムの「いいね!」数:7466

 「マリ・クレール」の表紙は、「ベスト・アクセサリー大賞」!エマはなぜか、巨大なボレロハットで登場だ。バッシングの嵐かと思いきや、「意図はわからないけれど、素晴らしい!」という賛辞の声が続出。

TOWN & COUNTRY

表紙:Billie Lourd

インスタグラムの「いいね!」数:1865

 ファッションと旅、そしてレジャーを提案する「タウン & カントリー」の表紙を飾ったのは、キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)の娘で、デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)の孫という、俳優一家に生まれた“ハリウッド プリンセス”。映画「スター・ウォーズ」で母がレイア・オーガナ役を務めた経緯もあり、彼女も「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に端役で出演。親の七光りをフル活用する、いわゆる「ええとこのお嬢サマ」だ。上流階級向けのコンサバ誌ゆえ、「完璧な人選!お母さんやおばあちゃんの面影をチラリと覗かせても良かった」との声もあれば、「ステレオタイプ極まりない。ガッカリの一言」との発言もあり、賛否両論。

ELLE

表紙:Alicia Vikander

インスタグラムの「いいね!」数:8248

  「エル」の表紙は、なんだかパッとしない。「古臭いし、つまんない。アリシアは、なんの感情もないまま読者を見つめているだけ」。「『スターを起用すれば、売れるかな?』って思ったくらいの表紙。コンセプトもアイデアも皆無。感情は全く湧かない」と一刀両断!

HARPER’S BAZAAR

表紙:The Weeknd

インスタグラムの「いいね!」数:3万2118

  「ハーパーズ バザー」の表紙は、R&Bシンガーの彼。トップモデルのアドリアナ・リマ(Adriana Lima)とイリーナ・シェイク(Irina Shayk)をはべらかした。「カリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld. 同誌のグローバル・ファッション・ディレクター)のフレンチなセンスが炸裂している。衣装の『サンローラン(Saint Laurent)』もナイス」との声もあれば、「なんだか“ジェネリック(一般的)”。1年の中で一番“顔”になる表紙が男女ミックスなんて、ちょっと悲しい」という意見も。業界人もイロイロだ。単純に「黒リップが『アダムス・ファミリー(The Addams Family)』みたい」という、短絡的なコメントも。

GLAMOUR

表紙:Blake Lively

インスタグラムの「いいね!」数:1万1053

 「グラムール」については、ブレイク・ライブリーなんてどうでもいい。この雑誌について議論されるべきは、表紙の文字だ。ある関係者は、「ちょっとウルサイ。屋外でシューティングした写真はキレイなのに。でも、新しいチャレンジは歓迎したい。雑誌は、これまで通りじゃダメだから」とか「若々しく見える」と好意的。ところが別の業界人は、「文字要素が多くて窒息しそう。閉所恐怖症の読者にはツラい」との辛辣。

INSTYLE

表紙:Selena Gomez

インスタグラムの「いいね!」数:2万6324

「インスタイル」は、表紙に白人を起用しなかった数少ない雑誌の1つ。「なんだか5月号っぽい」とのコメントは気になるところだが放っておくとして、ご意見番たちが注目したのは、ここでも表紙いっぱいの文字の羅列。「こんなに文字がいっぱいの表紙は、今まで見たことない。でも、こんな雑誌があってもいい。『インスタイル』は、ファッションからホットケーキまでを特集する雑誌だから。文字で埋め尽くせば、ビジュアルのことなんて考えなくていいからラクチンかも」とのコメントがあった。

総評

 セプテンバー・イシューのうち、有色人種を表紙に起用したのは、たった2誌だった。ある業界人は、「こんなに多様性が叫ばれる時代なのに。雑誌にも、白人以外の読者は大勢いるハズ。メディアは現状を自覚すべきだ」と話す。また、「結局、今年もセレブだった。セレブを起用すれば、セプテンバー・イシューは売れるのだろうか?私は、そうは思わない。雑誌は、かつてのようにコンセプチュアルではなくなった。リスクを覚悟で挑戦するのは、今しかないのに」という声も多い。

 厳しいコメントが多かったが、彼らは総じて「それは、雑誌を愛しているからこそ。だからこそ、もっと面白くなると信じている」と話す。雑誌編集者にとっては耳の痛いコメントに向き合えば、新たな展望が開ける⁉かもしれない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら