フォーカス

「ストーンアイランド」会長が語る絶好調の理由 「“変わらずとも好かれる”ことが大切」

 いま「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」が絶好調だ。1982年の創設以来、機能性と素材にこだわり、職人気質なモノ作りと独自のテクノロジーでファンを獲得してきたが、2018年の売上高は280億円を見込んでおり、これは17年比33%増、16年比80%増と、5年で売上高は2倍に拡大。取り扱いのある全ての国とカテゴリーで前年実績をクリアし、日本でも前年比20%増を達成するなど、驚異的な数字を叩き出している。

 また、人気ラッパーのドレイク(Drake)から若手ラッパーのヴィンス・ステープルズ(Vince Staples)、元オアシス(Oasis)のリアム・ギャラガー(Liam Gallagher)、16歳の世界的ファッショニスタのレオ・マンデラ(Leo Mandella)、英フットボールクラブ「マンチェスター・シティFC(Manchester City FC)」のジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督まで、世代やジャンルを超えたアイコンたちがこぞって着用して人気にいっそう火がつき、数字を支えている。

 9月14日には好調そのままに、世界22店舗目でアジアとしては3店舗目となる日本初の旗艦店を南青山にオープンした。場所は「ヴェルサス ヴェルサーチ(VERSACE VERSACE)」青山店の跡地。付近には「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」やベイプエクスクルーシブ青山(BAPEXCLUSIVE AOYAMA)、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が店を構える好立地だ。カルロ・リヴェッティ(Carlo Rivetti)=ストーンアイランド会長兼クリエイティブ・ディレクターいわく、同店舗は「日本文化にオマージュを捧げた」という。オープンに合わせ来日したカルロ会長に、好調の理由から「シュプリーム(SUPREME)」や「ナイキラボ(NIKE LAB)」とのコラボがもたらした影響についてまで話を聞いた。

WWD:売り上げが非常に伸びていますが、トップの売り上げはどこの国でしょうか?

カルロ:もちろんイタリアさ!ブランド発祥の地であるイタリアは最重要市場で、2番目がイギリス、3番目がオランダと、全体の8割をヨーロッパが占めている。

WWD:アメリカにも店舗がありますが。

カルロ:確かに2年前からロサンゼルスとニューヨークに店舗はあるが、ヨーロッパと比べるとまだまだ市場は小さい。北アメリカというくくりでは、カナダが好調だ。北方ということもあり、防寒など機能性に優れたウエアが可能性を秘めている。

WWD:なぜこのタイミングで東京出店を決め、この場所を選んだのでしょうか?

カルロ:日本での売り上げは非常に伸びており、重要性が増してきている。東京の出店候補地は複数あったが、最終的に南青山に決めたのは若い人が多く集まる場所で、若い世代に訴求できると考えたからだ。

WWD:東京店は上品な雰囲気の内装になっていますが、独自のこだわりは?

カルロ:もちろん日本をリスペクトした内装にしている。石床はビシャン仕上げ(石の表面をハンマーでたたいて平たくする技法。凹凸が少ない綿密な仕上がりとなり、防滑性にも優れる)を施し、試着室も日本人のサイズに合わせ、のれんを垂らしている。

あとは店内のコンクリートだ。われわれヨーロッパ人から見ると、日本のコンクリートは本当に美しい。だから店内はコンクリートがよく見えるような設計となっている。今世界に22店舗を構えているが、店舗はブランドの考えが伝わる空間であると考えており、どの店舗もそれぞれオリジナリティーがあり、ブランドのDNAを感じるものになっている。

WWD:今後アジアとアメリカの出店は加速するとみていいでしょうか?

カルロ:店舗を次々にオープンするといったことは考えていない。適切な時に、適切な場所にオープンする。特に日本では東京店がオープンし、これからが大切。東京店が機能するかどうかを見極める必要がある。

WWD:店舗にかなり力を入れているようですが、ECはどうでしょうか?

カルロ:ECも店舗と同じくらい重要だ。店舗で商品を見た時、気に入ればすぐに買えばいいし、家に帰って欲しくなればECで買えばいいというように、ECは購入の機会を増やすことができる。ちなみにヨーロッパでは日本と違ってECはカタログのような使い方をすることが大半で、買う際には店舗を訪れることが多い。