ファッション

若手ラッパー、ヴィンス・ステイプルズの最新アルバムが着想源の“チャックテイラー”登場

 「コンバース(CONVERSE)」は1月25日、アメリカを代表する若手ラッパーのヴィンス・ステイプルズ(Vince Staples)とのコラボ“チャックテイラー オールスター’70(CHUCK TAYLOR ALL STAR 70以下、チャックテイラー)”とフーディーを発売する。取り扱いは「コンバース」の公式サイトおよび一部セレクトショップで、日本での取り扱いは未定。

 ヴィンス・ステイプルズは1993年生まれ。リアルなリリックと確かなラップスキルに定評があり、昨年6月に発表した2ndアルバム「Big Fish Theory」は、各メディアから「2017年のラップのベストアルバム」と高い評価を受けた。また、同アルバムはケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)やエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、デーモン・アルバーン(Damon Albarn)ら豪華ゲストの参加に加え、水槽で泳ぐ金魚を大きくプリントしたインパクトのあるアートワークでも話題となった。

 “SEA”と名付けられたコラボ“チャックテイラー”とフーディーは、「Big Fish Theory」のアートワークに着想を得たカラーデザイン。“チャックテイラー”は、ハイカット(11Oドル、約1万2000円)とローカット(100ドル、約1万1000円)を用意し、どちらもヒールに“SEA”の文字が配されている。また。ハイカットはネイビーを基調としながらアンクルパッチやヒールラベルなど随所がオレンジ色にアップデートされ、ローカットはオレンジのアッパーに“STAPLES”の文字がエンボス加工で施されている。

 フーディー(90ドル、約1万円)は「コンバース」のアパレルライン “コンバース エッセンシャルズ(CONVERSE ESSENTIALS)”とのコラボ。こちらも背中に“SEA”の文字が配され、フードは取り外しが可能だ。

 「コンバース」はラッパーとのコラボに積極的で、昨年9月にはエイサップ・モブ(A$AP MOB)のエイサップ・ナスト(A$AP Nast)と“チャックテイラー”と“ワンスター”を発売、今月16日にもラッパー兼プロデューサーのタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)によるブランド「ゴルフ ワン(GOLF WANG)」ともコラボ“ワンスター”を発売したばかりだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら