ファッション

ビームス ウィメンが原宿にオープン 明治通り拡張工事に伴い原宿エリアのビームス店舗がお引っ越し

 ビームス(BEAMS)は9月14日、レイ ビームス(RAY BEAMS)とビームス ボーイ(BEAMS BOY)の複合店であるビームス ウィメン(BEAMS WOMEN)を原宿にオープンした。場所は、地下1~地上2階の3層で営業していたインターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)の地下1階部分。これに伴い、インターナショナルギャラリー ビームスは1階と2階部分でメンズとウィメンズを統合して営業を始めている。インターナショナルギャラリー ビームスのコンテンツは、10月に開く六本木ヒルズの旗艦店にも入る予定で、原宿店はよりファッションコンシャスなアイテムを集める。なお、神宮前にあったレイ ビームス原宿は9月12日に閉店した。

 ビームスの店舗が並ぶ明治通りは東京都が拡張工事を行っており、今回の移転・閉店はそのため。ビームス発祥の地である原宿の店舗面積縮小について、豊永信一郎・執行役員第一事業本部本部長は「近年、商業施設の方が、駐車場やポイントサービスなどがあり路面店と比べて優位性がある。原宿エリアの店は小さくなるが、“ここに来ないと買えないもの”を紹介するような“濃い”店にしたい」と語る。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら