ファッション

「ジル・サンダー」が表参道「ミッソーニ」跡地に旗艦店を出店

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」は9月8日、表参道の「ミッソーニ(MISSONI)」跡地(東京都渋谷区神宮前5-7-4隠田今泉ビル1階)に新店をオープンする。南青山の旗艦店は8月31日に閉店した。

  オープンを記念し、「JIL SANDER」のロゴが大きくプリントとされた“タングル スモール(TANGLE SM)”を発売する。価格は8万4000円。“タングル”はノット(結び目)が多数施されたショルダーストラップが特徴で、2018年春夏の発売以来人気を集めているバッグだ。
 
 「ミッソーニ」は03年にオンワード樫山が同ブランドの販売を開始し、その後、オンワードグローバルファッションが取り扱っていたが、17-18年秋冬をもって契約を解消していた。2018年春夏シーズンからは三喜商事がメンズとウィメンズの輸入販売をスタートしている。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。