ファッション

「ジル・サンダー」が表参道「ミッソーニ」跡地に旗艦店を出店

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」は9月8日、表参道の「ミッソーニ(MISSONI)」跡地(東京都渋谷区神宮前5-7-4隠田今泉ビル1階)に新店をオープンする。南青山の旗艦店は8月31日に閉店した。

  オープンを記念し、「JIL SANDER」のロゴが大きくプリントとされた“タングル スモール(TANGLE SM)”を発売する。価格は8万4000円。“タングル”はノット(結び目)が多数施されたショルダーストラップが特徴で、2018年春夏の発売以来人気を集めているバッグだ。
 
 「ミッソーニ」は03年にオンワード樫山が同ブランドの販売を開始し、その後、オンワードグローバルファッションが取り扱っていたが、17-18年秋冬をもって契約を解消していた。2018年春夏シーズンからは三喜商事がメンズとウィメンズの輸入販売をスタートしている。

 

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら