ニュース

オンワードが「ミッソーニ」の輸入販売契約を解消

 オンワードグローバルファッション(ONWARD GLOBAL FASHION)は、「ミッソーニ(MISSONI)」の輸入販売契約を2017-18年秋冬をもって解消し、国内における製品の販売を終了する。「今後のビジネス展開を見据えた“選択と集中”の戦略に基づき、ミッソーニ社との誠実な協議を続けた上で合意にいたった結果」と同社。オンワード樫山は03年から同ブランドを販売してきた。

 同社は現在「ジル・サンダー(JIL SANDER)」「ジル・サンダー ネイビー(JIL SANDER NAVY)」「モロー・パリ(MOREAU PARIS)」「オリヴィエ ティスケンス(OLIVER THEYSKENS)」「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」「ロシャス(ROCHAS)」などを扱っており、今後は「既存ブランドの育成を重視し上で、新規ブランドの獲得を含めた新たな戦略を推し進めたい」と同社。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら