ビジネス

エルメスが「ヴァニティ・フェア」誌ファッション・ディレクターを新役職に起用

 エルメス(HERMES)はマイケル・カール(Michael Carl)をプレス・アンド・インフルエンス部門のバイス・プレジデントに任命した。同役職は新設されたもの。カール=バイス・プレジデントは、米コンデナスト(CONDENAST)のファッション誌「ヴァニティ・フェア(VANITY FAIR)」で7年間、ファッション・ディレクターを務めた出版界出身の人物だ。またツイッターで2万8000、インスタグラムで3万6000のフォロワー数を持つ。「エルメス」のインスタグラムは700万を超えるフォロワー数を有するが、同氏を迎えたことで、さらなるメディア戦略の強化が見込まれる。

 カール=バイス・プレジデントは今回の就任について「とても楽しみだ」とのコメントにとどまっているが、9月半ばにはニューヨークを拠点にエルメスの仕事を開始する予定だ。また同バイス・プレジデントの上司となるピーター・マラキ(Peter Malachi)=シニア・バイス・プレジデント・オブ・コミュニケーションズは「マイケルをエルメスに迎えることができて非常にうれしい。メディアが劇的な変化を遂げている今こそ、彼の豊富な経験と編集者としての手腕に期待したい」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら