ファッション

NYの「エルメス」店舗が10日間限定でレコードショップに! レコードジャケットに225種のスカーフ柄をプリント

 「エルメス(HERMES)」は、ニューヨーク・マディソン・アべニューのメンズショップを4月17日から10日間限定でレコードショップに転換中だ。

 音楽にフォーカスしたこのアートインスタレーション“Silk Mix”はヴェロニク・ニシャニアン(Veronique Nichanian)=メンズ・アーティスティック・ディレクターとクリストフ・グワノー(Christophe Goineau)=メンズシルク・クリエイティブ・ディレクターが考案したもので、「エルメス」メンズのファッションショーの音楽を15年間手掛けてきたティエリー・プラネール(Thierry Planelle)の協力のもとに実現した。

 レコードショップのメーンフロアには、「エルメス」メンズのスカーフの柄がプリントされたジャケットのレコードがずらりと並ぶ。レコードのジャケットは全部で225種、53パターンあり、気に入ったジャケットがあれば設置したターンテーブルでそのレコードを聴くことができる。さらに、壁にも「エルメス」のネクタイの柄がプリントされたカセットテープが掛けられており、こちらは全125種、25パターンあるという。

 “Silk Mix”はこれまでマドリードとローマで開催され、ニューヨークの次はブリュッセルとミュンヘンなど世界の主要都市で開催される予定だ。なお、期間中の21日は毎年4月の第3土曜日に世界同時開催されるレコードの祭典「レコード・ストア・デイ(Record Store Day)」だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら