ニュース

NYの「エルメス」店舗が10日間限定でレコードショップに! レコードジャケットに225種のスカーフ柄をプリント

 「エルメス(HERMES)」は、ニューヨーク・マディソン・アべニューのメンズショップを4月17日から10日間限定でレコードショップに転換中だ。

 音楽にフォーカスしたこのアートインスタレーション“Silk Mix”はヴェロニク・ニシャニアン(Veronique Nichanian)=メンズ・アーティスティック・ディレクターとクリストフ・グワノー(Christophe Goineau)=メンズシルク・クリエイティブ・ディレクターが考案したもので、「エルメス」メンズのファッションショーの音楽を15年間手掛けてきたティエリー・プラネール(Thierry Planelle)の協力のもとに実現した。

 レコードショップのメーンフロアには、「エルメス」メンズのスカーフの柄がプリントされたジャケットのレコードがずらりと並ぶ。レコードのジャケットは全部で225種、53パターンあり、気に入ったジャケットがあれば設置したターンテーブルでそのレコードを聴くことができる。さらに、壁にも「エルメス」のネクタイの柄がプリントされたカセットテープが掛けられており、こちらは全125種、25パターンあるという。

 “Silk Mix”はこれまでマドリードとローマで開催され、ニューヨークの次はブリュッセルとミュンヘンなど世界の主要都市で開催される予定だ。なお、期間中の21日は毎年4月の第3土曜日に世界同時開催されるレコードの祭典「レコード・ストア・デイ(Record Store Day)」だ。