ビジネス

TSIがアプリのウェブ接客を開始、アプリ作成サービスのヤプリ、カルテと提携

 簡単にブランドアプリの作成・運用ができる「ヤプリ(Yappli)」が、ウェブ接客サービス「カルテ(KARTE)」を運営するプレイドと提携し、アプリのマーケティング強化を図る。まずは、「ヤプリ」を活用するTSIホールディングス傘下のECサイト「MIX.Tokyo」に「カルテ」を導入し、ウェブ接客を開始する。

 「ヤプリ」はパーソナライズに注力しており、すでにアプリ上でコンテンツの出し分けや会員データベースと連動したプッシュ通知などを簡単に利用できる。ウェブ接客機能はこのパーソナライズ化を推進するもので、店頭のような接客ができないというECのデメリットを補完していくものとみられる。

 「MIX.Tokyo」は30〜40代女性を中心に約68万人の会員数を抱えるECサイト。「ナチュラルビューティーベーシック(NATURAL BEAUTY BASIC)」や「ジル スチュアート(JILL STUART)」「ローズバッド(ROSE BUD)」などのTSIブランドを中心に、今年3月にはブルックリン発のバッグブランド「ステイト(STATE)」の取り扱いを始めたばかり。2014年にECサイトをアプリ化するなど、EC先進企業として知られる。

 「カルテ」は15年に正式ローンチされたばかりのウェブ接客ツール。数行のコードをサイトに埋め込むだけでユーザーの行動をトラッキングでき、最適なウェブ接客ができるツールとして、ファッション分野でもライトオン(RIGHT ON)やパル(PAL)など、多くの顧客を抱えるまでに成長した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。