ファッション

ソウルにルイ・ヴィトンの文化施設、ピーター・マリノとフランク・ゲーリーが協業か

 ルイ・ヴィトン・コリア(LOUIS VUITTON KOREA)がソウルの江南区狎鴎亭に文化施設をオープンする。時期は未定だが、2017年11月〜19年4月の工期を予定しており、使用目的は“近隣生活、文化・集会のための施設”としている。敷地面積は1809平方メートル。地下1階、地上4階の施設となる。設計・建築にはピーター・マリノ・アーキテクト(PETER MARINO ARCHITECT)とフランク・ゲーリー(Frank Gehry)率いるゲーリー・パートナーズ、韓国の建築会社D.P.Jパートナーズが携わるようだ。

 新たに施設がオープンするのは狎鴎亭にあるラグジュアリーストリート沿いで、 かつて「ルイ・ヴィトン」の路面店があった場所。 同じ通りには15年にオープンしたばかりの「ディオール(DIOR)」のアジア最大級店舗をはじめ、「バーバリー(BURBERRY)」「グッチ(GUCCI)」などが並ぶ。現在「ルイ・ヴィトン」は同じ通りにあるギャラリア百貨店内に路面店を持つ。

 設計に関わるピーター・マリノは「ルイ・ヴィトン」松屋銀座店などを手掛けている他、フランク・ゲーリーもパリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンを手掛けたことは有名だ。D.P.Jパートナーズは上述の「ディオール」店舗を担当したことで知られる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。