ファッション

ドーバー ストリート マーケットが中国・北京にオープン、世界5店舗目

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲デザイナーがディレクションするセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)が2月3日、中国・北京にオープンした。これまで香港の小売企業I.Tがフランチャイズで運営していたI.T ペキン マーケット(I.T BEIJING MARKET)をリニューアルしたもので、ドーバー ストリート マーケット ペキン(DOVER STREET MARKET BEIJING)として生まれ変わった。同店舗はロンドン、ニューヨーク、銀座、シンガポールに次ぐ世界5店舗目で、各国の大使館などが並ぶ北京朝陽区にあるショッピングモール三里屯の敷地内に構える。営業時間は月〜日曜日の10〜22時。

 すでに公式サイトとインスタグラムも開設。各店舗同様に「コム デ ギャルソン」をはじめ、「ヴェトモン(VETEMENTS)」「ゴーシャ ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」などを取り扱う。

 なお、ドーバー ストリート マーケットは来月3月、ロサンゼルスのダウンタウンアート地区に6店舗目となる新店舗ドーバー ストリート マーケット ロサンゼルス(DOVER STREET MARKET LOS ANGELES)もオープンする予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら