ファッション

ラフ・シモンズ来日でドーバー ギンザは大騒ぎ サインに「感無量」のファンも

 ラフ・シモンズ(Raf Simons)が11月30日、パートナーシップ契約を締結するザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY以下、ウールマーク)の素材を使った限定セーターを販売するドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA以下、DSMG)を訪れた。夜にはウールマークがDSMGでレセプションパーティーを開催。東京ブランドのデザイナーのほかコアなファンも来店。中にはラフと2ショット写真を撮ったり、「ラフ・シモンズ」の洋服にサインをもらったりとラッキーなファンもいた。

 限定セーターは、2017-18年秋冬コレクションで発表した「I ♡ NEW YORK」ニットをベースにした「I ♡ 東京」セーター。黒のボディにアルファベットではなく、漢字の「東京」の文字をのせた。ラフは、「ブランド史上一番成功したニットを、英語以外の言葉で作りたかった」と話した。

 コートにサインを書いてもらったファンは、「ただただ感無量」と話していた。人前は得意ではないものの、ラフはしばらく会場でゲストと交流。アントワープ時代に時々ラフを見かけていたという堀内太郎「タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)」デザイナーや、坂部三樹郎「ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)」デザイナー、モデルのemmaらの姿もあった。

 ニットは、パーティー当日はDSMGで数量限定販売。12月1日以降、DSMGで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら