ファッション

リカルド・ティッシと「ナイキ」、架空のバスケットボールチームのコレクションを発表

 12年に渡りクリエイティブ・ディレクターを務めてきた「ジバンシィ(GIVENCHY)」を去ったリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)が10月10日、自身のインスタグラムで、「ナイキ(NIKE)」と北米の男子プロバスケットボールリーグのNBAとの協業を示唆する画像を投稿していたが、ついに「ナイキ」から正式にコラボレーションが発表された。

 「ナイキ」とNBAとのトリプルコラボを噂されていたが、実際は「ナイキ」とNBAのパートナーシップ契約の締結を記念したコレクションで、ナイキの最新イノベーションや、イノベーターとの協働を行う「ナイキラボ(NIKELAB)」とのコラボとなる。架空のバスケットボールチーム「ヴィクトリアス・ミノタウロス(the Victorious Minotaurs)」をテーマに、スポーツとストリートウエアを融合した。

 全16型のラインアップは、スウォッシュマークの下にスターマークをあしらい、レッドとブルーのカラーリングが鮮やかな“エア フォース 1 ハイ(AIR FORCE 1 HIGH)”をはじめ、「ヴィクトリアス・ミノタウロス」のロゴT、NBA風のスウォッシュマークがあしらわれスエットやジャージー、ニット帽など。

 10月12日に北米エリアで販売を開始し、日本では26日から東京・南青山の「ナイキラボ」旗艦店と公式オンラインストアおよびドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら