ファッション

「ナイキ」と「アンダーカバー」から都会の冬にフォーカスしたホリデーコレクションが登場

 「ナイキラボ(NIKE LAB)」と高橋盾が手掛ける「アンダーカバー(UNDERCOVER)」は12月3日、 “都会の冬の混沌とバランス”をテーマにしたホリデーコレクションを発売する。パーカ(5万円)、パンツ(2万円)をそれぞれ1型づつそろえる。

 スリーブや背面、腰回りなど各所に付属のポーチをあしらった撥水加工のロング丈のパーカは上下切り離し可能で、ショートスリーブのパーカやベストとしても着用できる。またカーゴパンツのように太もも部分に付属ポーチを施したパンツは、気候に合わせてショートパンツに簡単に切り替えることができるデザインが特徴だ。

 同コレクションは「ナイキ」公式オンラインサイトや南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部店舗で取り扱う。また、 “ニット MA-1 ボンバージャケット”(4万5000円)は、来年2月以降に順次発売予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら