ファッション

「ナイキ」と「アンダーカバー」から都会の冬にフォーカスしたホリデーコレクションが登場

 「ナイキラボ(NIKE LAB)」と高橋盾が手掛ける「アンダーカバー(UNDERCOVER)」は12月3日、 “都会の冬の混沌とバランス”をテーマにしたホリデーコレクションを発売する。パーカ(5万円)、パンツ(2万円)をそれぞれ1型づつそろえる。

 スリーブや背面、腰回りなど各所に付属のポーチをあしらった撥水加工のロング丈のパーカは上下切り離し可能で、ショートスリーブのパーカやベストとしても着用できる。またカーゴパンツのように太もも部分に付属ポーチを施したパンツは、気候に合わせてショートパンツに簡単に切り替えることができるデザインが特徴だ。

 同コレクションは「ナイキ」公式オンラインサイトや南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部店舗で取り扱う。また、 “ニット MA-1 ボンバージャケット”(4万5000円)は、来年2月以降に順次発売予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら