ファッション

カマラ・ハリス氏のスーツを手掛けた大丸デザイナー 自身の「オーバーコート」のカプセルコレクションを日本で販売

 ニューヨークを拠点にするパターンメーカーの大丸製作所2が手掛けるオリジナルブランド「オーバーコート(OVERCOAT)」が11月29日に公式オンラインストアをオープンした。それに合わせてカプセルコレクションをローンチし、12月1~12月13日まで同コレクションのポップアップストアを六本木のANB Tokyoで開催中だ。

 このポップアップのために来日した大丸隆平・大丸製作所2代表兼「オーバーコート」デザイナーは「このカプセルコレクションは、シーズンごとのコレクションとは異なり、定番のコートやアウターなど、ベーシックなアイテムをそろえたもの。ECで購入しやすいのは、そのような定番アイテムだと思った」と話す。今回のカプセルコレクションのほとんどは日本の生地メーカーのものだ。中でもアイテムで一押しだというのは、カシミヤで作ったカットソーだという。「本来20万円くらいの値付けでもよいものを8万円台で提供しているが、安すぎたかもしれない(笑)。一度着用したら身体が忘れない着心地だと思う」と大丸氏。「8月に来日して展示会を開催し、バイヤーと顧客向けの2021年春夏コレクションのオーダー会をした際、とても反響がよかったので今回も実施することにした」という。

 さらに今回は、生地を選びサイズ調整もできるコートのセミオーダーも数量限定で実施しており、70万円を超えるコートにもオーダーが入っているという。加えて、普段大丸氏がニューヨークのチャイナタウンで購入し、普段気に入り着用しているパンダのTシャツもブランド名を刺しゅうして販売している。

 先日、米国初の女性副大統領に就任する見通しとなったカマラ・ハリス(Kamala Devi Harris)が選挙運動期間中に着用したスーツをニューヨークのブランドと共に製作したことが日本のテレビ番組でも取り上げられ、話題となったばかりだ。大丸製作所2としてスーツを手掛けた大丸氏は「男性に勝るとか勝らないとか、そういうことではないと思っているので、女性のしなやかさとか体の美しさとかちゃんと表現できるように、きれいに見えるようにライン取りをしています。僕もこの国においてはマイノリティーなので、(製作に携われて)本当に嬉しいことだなと思う」とコメントしていたのが印象的だ。大丸氏は、以前にもバラク・オバマ(Barack Obama)前大統領の就任式でミシェル・オバマ夫人(Michelle Obama)が着用していたドレスを手掛けた実績がある。

■「オーバーコート」ポップアップストア
期間:2020年12月1~13日
時間:13:00~19:00
場所:ANB Tokyo 4階
住所:東京都港区六本木5-2-4

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら