ファッション

「ヴェルサーチェ」が「コンプレックスランド」に参加決定 ドナテラのアバターも公開

 「ヴェルサーチェ(VERSACE)」は、7~11日に開催される「コンプレックスランド(ComplexLand)」に参加する。

 「コンプレックスランド」は米コンプレックス・ネットワークスが主催し、ストリートの祭典として世界的に知られる「コンプレックスコン(ComplexCon)」のデジタル版。参加者は無料で入場でき、アバターで移動しながら物販やアートインスタレーション、音楽ライブなどをバーチャル空間で体験する。世界中のどこからでもスマートフォンやパソコンからサイトにアクセスし、登録するだけで参加できる。

 「ヴェルサーチェ」は同イベントで、100足限定の“トリグレカ”厚底スニーカーを販売する。ブランドの特徴である古代ギリシャの要素と、ゴムを活かした靴紐が施されたアイテムだ。バーチャル空間内で同ブランドのストアを設置し、参加者はそこでリアルで履ける限定版スニーカーを購入できる。

 「コンプレックスランド」に参加予定のドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)=クリエイティブ・ディレクターのアバターも公開され、「このプロジェクトに非常にワクワクしている。バーチャルアバターになるのは初めてだが、とてもモダンでクール。ブランドの美学やアプローチにも沿っている動きだ。アバターを開発するのはとても楽しいプロセスだった。ほかの参加者との交流を楽しみにしている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら