ファッション

「コンプレックスコン」がデジタルで開催 世界中から参加できる「コンプレックスランド」とは?

 米コンプレックス・ネットワークスは12月7~11日に、ストリートの祭典として世界的に知られる「コンプレックスコン(ComplexCon)」をデジタルで開催する。デジタル版を「コンプレックスランド(ComplexLand)」と名付け、これまで提供してきた物販やアートインスタレーション、音楽ライブ、フード、パネルディスカッションなどをバーチャル空間で展開する。

 「コンプレックスコン」は2016年にスタートしたD2Cイベントだ。これまでにロサンゼルスのロングビーチで4回、シカゴで1回開催された。村上隆やファレル・ウィリアムスがホストを務め、300ドル(3万1500円)する入場VIPチケットは即完売。東京ドームの約半分の広さ(4万6755平方メートル)の会場に6万人が来場し、イベント全体の商品売上高は2日間で2000万~2500万ドル(約21億~26億円)に上る(2017年公表)。

 「コンプレックスランド」のシステムは米JAM3とパートナーを組んで開発した。マーケットプレイスなどのいくつかのエリアに分かれたバーチャル空間をアバターで移動する。入場は無料。世界中のどこからでもスマートフォンやパソコンからサイトにアクセスし、登録するだけで参加できる。現在、約70のブランドやリテーラー、アーティスト、レストランなどの参加が決まっているという。

 「コンプレックスランド」のコラボレーション・エクスピリエンシャル部門長を務めるニール・ライト(Neil Wright)のインタビューを含むイベントの詳しい内容は「WWDジャパン」10月19日号に掲載している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。