ファッション

「コンプレックスコン」がデジタルで開催 世界中から参加できる「コンプレックスランド」とは?

 米コンプレックス・ネットワークスは12月7~11日に、ストリートの祭典として世界的に知られる「コンプレックスコン(ComplexCon)」をデジタルで開催する。デジタル版を「コンプレックスランド(ComplexLand)」と名付け、これまで提供してきた物販やアートインスタレーション、音楽ライブ、フード、パネルディスカッションなどをバーチャル空間で展開する。

 「コンプレックスコン」は2016年にスタートしたD2Cイベントだ。これまでにロサンゼルスのロングビーチで4回、シカゴで1回開催された。村上隆やファレル・ウィリアムスがホストを務め、300ドル(3万1500円)する入場VIPチケットは即完売。東京ドームの約半分の広さ(4万6755平方メートル)の会場に6万人が来場し、イベント全体の商品売上高は2日間で2000万~2500万ドル(約21億~26億円)に上る(2017年公表)。

 「コンプレックスランド」のシステムは米JAM3とパートナーを組んで開発した。マーケットプレイスなどのいくつかのエリアに分かれたバーチャル空間をアバターで移動する。入場は無料。世界中のどこからでもスマートフォンやパソコンからサイトにアクセスし、登録するだけで参加できる。現在、約70のブランドやリテーラー、アーティスト、レストランなどの参加が決まっているという。

 「コンプレックスランド」のコラボレーション・エクスピリエンシャル部門長を務めるニール・ライト(Neil Wright)のインタビューを含むイベントの詳しい内容は「WWDジャパン」10月19日号に掲載している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら