ファッション

「コンプレックスコン」がデジタルで開催 世界中から参加できる「コンプレックスランド」とは?

 米コンプレックス・ネットワークスは12月7~11日に、ストリートの祭典として世界的に知られる「コンプレックスコン(ComplexCon)」をデジタルで開催する。デジタル版を「コンプレックスランド(ComplexLand)」と名付け、これまで提供してきた物販やアートインスタレーション、音楽ライブ、フード、パネルディスカッションなどをバーチャル空間で展開する。

 「コンプレックスコン」は2016年にスタートしたD2Cイベントだ。これまでにロサンゼルスのロングビーチで4回、シカゴで1回開催された。村上隆やファレル・ウィリアムスがホストを務め、300ドル(3万1500円)する入場VIPチケットは即完売。東京ドームの約半分の広さ(4万6755平方メートル)の会場に6万人が来場し、イベント全体の商品売上高は2日間で2000万~2500万ドル(約21億~26億円)に上る(2017年公表)。

 「コンプレックスランド」のシステムは米JAM3とパートナーを組んで開発した。マーケットプレイスなどのいくつかのエリアに分かれたバーチャル空間をアバターで移動する。入場は無料。世界中のどこからでもスマートフォンやパソコンからサイトにアクセスし、登録するだけで参加できる。現在、約70のブランドやリテーラー、アーティスト、レストランなどの参加が決まっているという。

 「コンプレックスランド」のコラボレーション・エクスピリエンシャル部門長を務めるニール・ライト(Neil Wright)のインタビューを含むイベントの詳しい内容は「WWDジャパン」10月19日号に掲載している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら