ファッション

ほぼ日がオリジナルの生理ショーツやブラなど発売 新ブランド「つきのみせ。」スタート

 ほぼ日は10月16日、生理ショーツやリラックスウエアをそろえた新ブランド「つきのみせ。」を「ほぼ日ストア」内にオープンした。

 「つきのみせ。」は“生理の日も、そうでない日も気分よく過ごしたい”という思いから誕生した。下着デザイナーの惠谷太香子と共同開発した生理ショーツとブラは、“はだかでいるよりも気持ちいい”がコンセプト。ノンワイヤーの“つきのブラ”(6930円、税込)は、ストレッチ素材を用いて身体を締め付けずにフィットする設計で、脇の両サイドに屈伸するボーンを入れることで胸が背中に流れにくい工夫を施した。胸元にはチュールをあしらい、上品な印象に仕上げた。カラーは5色をそろえる。

 ブラとおそろいの“つきのショーツ”は日常使い用の“エブリデイ”タイプ(3630円、同)と、防水布を使用した“スペシャル”(3960円、同)の2型を用意した。リンパの流れを滞らせないためにそけい部にはゴムを入れず、生地のストレッチでお尻を包み込む仕様。クロッチ部分の防水布は制菌効果や耐水性、通気性を備える。防水布はあえて白にすることで、“健康のバロメーター”と呼ばれるおりものの色や量の変化に気付きやすい工夫を施した。そのほか、カップ付きのキャミソール(6930円、同)やキャミワンピース(8140円、同)、スムースウエア(9900円、同)をそろえる。

 加えて大人のための上質な服を提案する「スタンプ アンド ダイアリー(STAMP AND DIARY)」と共同で開発した、サロペット(2万6400円、同)やワンピース(1万9250円、同)などの締め付け感のないウエアのほか、オーガニックスキンケアブランド「ピュビケア」から、デリケートゾーン専用のケアアイテムのソープ(2310円、同)やマッサージミルク(2530円、同)なども販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら