ファッション

「フレッド」と「クロット」のコラボアパレルが東コレでお披露目 「楽天ファッション」で限定販売

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のジュエラー「フレッド(FRED)」は、メンズブランド「クロット(CLOT)」とコラボレーションしたアパレルをファッションECモール「楽天ファッション(RAKUTEN FASHION)」限定で10月16日に発売した。同日には楽天が冠スポンサーを務める「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」で、モデルを起用したプレゼンテーションをリアルとデジタルの両方で行った。

 アイテムは「クロット」らしいストリートのムードが上品に盛り込まれたTシャツ(2万5000円)やスエット(4万2000円)、フーディ(8万8000円)、コーチジャケット(6万8000円)に加え、ニットキャップ(1万8000円)やキャップ(1万5000円)をそろえる。「フレッド」のアイコンである“フォース10”ブレスレットに使用しているケーブルのモチーフや、両ブランドのキーカラーであるネイビーとレッドを軸にした色使いが特徴だ。プレゼンテーションでは、巨大スクリーンにスケートやスノーボードなどの躍動感溢れる映像が映され、コラボアパレルをまとった男女のモデルが登場した。「クロット」はコラボアパレルについて「1950年代や60年代の『フレッド』の広告ビジュアルなどからヒントを得て、90年代のヒップホップにオマージュした」とコメントした。

 「フレッド」副社長兼アーティスティック・ディレクターのヴァレリー・サミュエル(Valerie Samuel)は、「『クロット』のストリート性と都会的でアーティスティックなビジョンは、スポーツの精神を体現する“フォース10”と自然にリンクした。『クロット』の大胆な感覚は、私の祖父である創業者のパーソナリティーと、メゾンに吹き込まれたスピリットと完全に融合した」と協業について述べた。

 またEXILEやGENERATIONSでパフォーマーを務める関口メンディーを起用したコラボアパレルのビジュアルとムービーを、「楽天ファッション」の「フレッド」のページで公開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら