ファッション

ワコールがブラジャーのリサイクルキャンペーン開始

 ワコールは不要になったブラジャーを回収・リサイクルする「ワコール ブラリサイクル」キャンペーンを国内のワコール直営店およびグループ会社を中心とした約750店舗でスタートした。期間は2021年3月31日まで。

 ワコールは「ブラジャーは捨てにくい」という悩みを解決しながら環境保全に配慮した事業活動の一環として08年から同企画に取り組む。今年はより多くの参加者を集うため、回収期間を昨年より2カ月長い、6カ月間とした。さらに今年から日本環境設計が運営するリサイクルプロジェクト「BRING」に参加し、回収したブラジャーを生活雑貨などのパーツにリサイクルする。

 他社製のブラジャーを含む不要になったブラジャーを家庭にある紙やビニールなどの袋に入れて回収実施店舗のスタッフに渡すと、そのまま開封せずに「BRING」提携リサイクル工場へ運ばれる仕組みだ。全ての工程が袋に入ったままの状態で行われる。

 ワコールはこれまでに累計246万7500枚(回収重量からの推定枚数)のブラジャーを回収し、約246.8tの産業固形燃料「RPF」にリサイクルしてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら