スナップ

世界一レアスニーカーが集結する「コンプレックスコン」を170枚超の写真で振り返る

 世界最大のスニーカー・ストリートファッションの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」が、11月3~4日に米ロサンゼルスのロングビーチにあるコンベンションセンターで開催された。2016年に始まった同イベントは今回で3回目。

 全米を中心に世界中からストリートファッションを好む“ハイプビースト”と呼ばれる若者らが来場する「コンプレックスコン」は、世界一レアスニーカーを見られるイベントと言っても過言ではない。数十万円の値が付くスニーカーも会場内では何度も見かける機会があり、価値観が鈍りそうになるほどだ。さらに会場内は、カニエ・ウェスト(Kanye West)やヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)、ドレイク(Drake)、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、ドン・C(Don C)、ジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)といった、現在のメンズファッションをけん引する人たちが中心となって発信するアーバンカルチャー(アフリカ系アメリカ人を中心としたファッションやヒップホップカルチャーなどの総称)のムードで溢れている。

 来場者の多くは「ナイキ(NIKE)」のスニーカーを履いており、特に今、世界中で人気を博す「The Ten」は、「コンプレックスコン」で最も多く見かけたスニーカーと言ってよいだろう。中にはスニーカーを独自にペイントしたり染めたりするなど、カスタムした者もいた。そして、もう一つ、女性来場者の多さにも注目したい。会期中は、“Women & Steetwear”をテーマにしたパネルディスカッションが開かれるなど、今や男性だけでなく、女性も十分に楽しめるコンテンツが充実している。そんな「コンプレックスコン」をスナップで振り返る。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら