ファッション

世界一レアスニーカーが集結する「コンプレックスコン」を170枚超の写真で振り返る

 世界最大のスニーカー・ストリートファッションの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」が、11月3~4日に米ロサンゼルスのロングビーチにあるコンベンションセンターで開催された。2016年に始まった同イベントは今回で3回目。

 全米を中心に世界中からストリートファッションを好む“ハイプビースト”と呼ばれる若者らが来場する「コンプレックスコン」は、世界一レアスニーカーを見られるイベントと言っても過言ではない。数十万円の値が付くスニーカーも会場内では何度も見かける機会があり、価値観が鈍りそうになるほどだ。さらに会場内は、カニエ・ウェスト(Kanye West)やヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)、ドレイク(Drake)、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、ドン・C(Don C)、ジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)といった、現在のメンズファッションをけん引する人たちが中心となって発信するアーバンカルチャー(アフリカ系アメリカ人を中心としたファッションやヒップホップカルチャーなどの総称)のムードで溢れている。

 来場者の多くは「ナイキ(NIKE)」のスニーカーを履いており、特に今、世界中で人気を博す「The Ten」は、「コンプレックスコン」で最も多く見かけたスニーカーと言ってよいだろう。中にはスニーカーを独自にペイントしたり染めたりするなど、カスタムした者もいた。そして、もう一つ、女性来場者の多さにも注目したい。会期中は、“Women & Steetwear”をテーマにしたパネルディスカッションが開かれるなど、今や男性だけでなく、女性も十分に楽しめるコンテンツが充実している。そんな「コンプレックスコン」をスナップで振り返る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら