スナップ

「ハイプビースト」初のフェス「ハイプフェスト」 来場者の足元はやはりレアスニーカーばかり

 ストリート&カルチャーメディア「ハイプビースト(HYPEBEAST)」による初のフェスイベント「ハイプフェスト(HYPEFEST)」がニューヨーク・ブルックリンのネイビーヤードで10月6、7日に開催された。「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ヘロン プレストン(HERON PRESTON)」「アウェイク(AWAKE)」「リモワ(RIMOWA)」「ガールズ ドント クライ(GIRLS DON’T CRY)」「サカイ(SACAI)」など約50ブランドによるブース出展やライブ、フード、アートインスタレーションなどを満喫できる2日間に約1万人が来場した。

 その中で米「WWD」のスナップハンターが捉えたのはやはり、ストリートウエアと入手困難なスニーカーをまとった来場者たちだ。普段から「ハイプビースト」を愛読しているであろう来場者がビッグイベントに選んだ自慢の一足であるだけに、足元は「ナイキ(NIKE)」と「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」がコラボした「THE TEN」の数々や、「ナイキ」とショーン・ウェザースプーン(Sean Wotherspoon)や「アクロニウム(ACRONYM)」のコラボ、「アディダス(ADIDAS)」とカニエ・ウェスト(Kanye West)による「イージー(YEEZY)」の“YEEZY BOOST 700”や“YEEZY BOOST 350 V2”、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の“トリプル S(TRIPLE S)”や新作の“トラック(TRACK)”などのレアスニーカーが出そろった。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら