ビジネス

「ハイプビースト」初のフェス「ハイプフェスト」の入場料が無料に 創業者が自腹で全チケット買い占め

 ストリートファッション&カルチャーのメディア「ハイプビースト(HYPEBEAST)」が10月6、7日にニューヨーク・ブルックリンで初開催するフェス「ハイプフェスト(HYPEFEST)」の全チケットを、ケヴィン・マ(Kevin Ma)「ハイプビースト」創業者兼最高経営責任者(CEO)が自費で買い占め、フェスの入場料を無料にした。

 来場者は最大1万5000人で、チケットは1枚50ドル(約5550円)で販売を予定していたが、ケヴィン創業者兼CEOが買い占めたため、同氏は最大8320万円ほど払ったことになる。インスタグラムで同氏は「文化と学びには値段をつけるべきじゃない。そこで僕が全チケットを買い『ハイプフェスト』を完全無料の体験にする」とコメントした。同氏が買い占めた分の入場者の登録は9月18日12時(ニューヨーク時間)に先着順で受け付けた。ケヴィン創業者兼CEOのインスタグラムによれば約3分で全ての入場枠が埋まったという。

 ケヴィン創業者兼CEOのおかげで、チケットが手に入れば誰でも参加できるようになった「ハイプフェスト」の公式サイトには「階層システムも、列の割り込みも、転売もナシ。可能な限り最高のフェス体験になる」とある。なお、チケットは全てEチケットで、入場には写真付きの身分証が必要になる。

 「ハイプフェスト」の詳細な会場は明らかになっていないが、同メディアらしい音楽、アート、ファッション、スニーカーが集結するフェスとなる。藤原ヒロシや昨年閉店したパリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)のサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)元クリエイティブ・ディレクターがボードメンバーに名を連ね、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「サカイ(SACAI)」「ヘロン プレストン(HERON PRESTON)」「アウェイク(AWAKE)」など出展ブランドからは、同イベント限定アイテムも多く登場予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら