ニュース

ファーストリテイリングがグーグルと協業 “情報製造小売業”の実現へ

 ファーストリテイリングは19日、グーグル(GOOGLE)との協業を発表した。

 グーグル クラウド(GOOGLE CLOUD)のASL(Advanced Solutions Lab)チームと、日本企業として初となるパートナーシップを結び、世界最先端の機械学習や画像認識技術を使った商品のトレンドや具体的な需要の予測をする取り組みを進める。また、消費者の声や行動情報・外部情報に加えて実績に基づくビッグデータを活用することで、ニーズに即したサプライチェーンを構築する。加えて、グーグルの提供する法人向けデジタルプラットフォーム「ジースイート(G SUITE)」を全社的な情報の共有・集約に活用する。

 グーグルとの協業は、現在ファーストリテイリングが推進する「有明プロジェクト」の一環。柳井正・会長兼社長が2017年に打ち出した経営方針で、商品・商売機能を集約させ、高速サプライチェーンを実現することにより、「情報製造小売業」へ変貌することを目指すもの。また、柳井会長兼社長は、情報製造小売業を目指す動きの中心にいるのが「アマゾン(AMAZON)、グーグル(GOOGLE)、アップル(APPLE)、アリババ(ALIBABA)、騰訊(テンセント)」などであり、「それらの企業はわれわれにとって協力者であり、競合先にもなる。さらに世界中のグローバルブランドと協力し、あるいは競合していく」とも語っていた。

 ファーストリテイリングは「今後もグーグルとのグローバルな協業を強化し、より広い分野で取り組みを加速し、両社が一体となって情報製造小売業のビジョンの実現に向けた変革を進める」としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら