ファッション

ユニクロ“3Dニット”の新作 ワンピースはサイズだけでなく着丈も選択可能に

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、“3Dニット(3D KNIT)”のウィメンズの新作10型を9月3日から順次発売する。価格帯は3990〜5990円で、「ユニクロ」店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

 “3Dニット”は島精機製作所の無縫製編み機“ホールガーメント”によって、1着ずつ縫い目なく立体的に編み上げられている。ドレープ感がある立体的なシルエットで、肌になじむような心地良い着心地が特徴だ。

 新作は、“ホールガーメント”の特性を活かし女性が美しく見えることにこだわって製作した。モックネックワンピースは、バストの位置を高く見せてスタイルがよりきれいに見えるシルエットを採用。首元はアイレットを施し、ネックレスをしているかのようなデザインだ。リブワンピースは、リブの本数を減らすなどの工夫によってフィット感を高め、ウエスト切り替え位置の高さを前後で変えることで、ヒップがより高く見えるようになっている。

 さらに「ユニクロ」公式オンラインストアでは、ワンピースのサイズだけでなく着丈も選択可能。これまではニットワンピースの着丈補正は受け付けていなかったが、ショート、レギュラー、ロングの3つの長さから選べるようになり、好みの形を見つけやすくなる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら