ファッション

「ザラ」六本木店が移転・増床オープン 実店舗とECの融合をどう進める?

 「ザラ(ZARA)」は30日、旗艦店の一つである六本木店を、六本木ヒルズ内で移転・増床オープンした。新ショップはハリウッドプラザの1、2階で、売り場面積は約1300平方メートル。フルラインアップがそろい、これまでECのみで販売していた新生児向け商品のカテゴリー“ミニ”をアジアで初めて実店舗で扱う。実店舗とECとの相互送客にも引き続き力を入れる。

 ウェストウォークの1、2階にあった店舗から移転した。移転前の売り場面積は約900平方メートル。跡地には10月下旬にビームスが旗艦店をオープンする。

 新ショップは1階がメンズで、メーン入り口となる2階がウィメンズ。最新コンセプトの内装を採用し、ウィンドーを思わせる長方形の骨組みのような什器や、レジの背面の大きなLEDビジョンなどが特徴だ。ウィメンズフロアの試着室は9室から24室に増やし、試着待ちの時間を軽減。外国人客が多い立地のため、販売員の9割がバイリンガルという。

 “ミニ”では、0~12カ月向けのロンパースやおくるみ、スタイなどがそろう。12カ月~4歳児までの“ベビー”も充実する。“ミニ”と“ベビー”の売り場には、荷物を増やしたくない子連れのママ客などに向けて、自由に使えるタブレットスタンドを設置。店頭からECサイトに送客し、実店舗とECとの融合を進める。

 ウィメンズでは、今秋冬のトレンドのチェック柄やスカーフ柄のアイテムを充実、メンズはカジュアルからスーツまでそろう。

 「ザラ」は、移転前のショップが閉まった5月から新店オープンの前日まで、六本木ヒルズのノースタワーにショールーミングに特化したポップアップストアを開き、話題になっていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら