ファッション

コロナ禍で開催中止の「コンプレックスコン」がデジタルシフト 「コンプレックスランド」で熱狂は生まれるか

有料会員限定記事

 米コンプレックス・ネットワークスは12月7~11日に、ストリートの祭典として世界的に知られる「コンプレックスコン(ComplexCon)」をデジタルで開催する。デジタル版を「コンプレックスランド(ComplexLand)」と名付け、これまで提供してきた物販や音楽ライブ、フードなどをバーチャル空間で展開。新型コロナの影響でさまざまなイベントが中止になり、混雑や行列を伴う「コンプレックスコン」も開催が困難となった。そこで新たに浮上したのが、バーチャル空間で行う“バーチャルコンベンション”だ。「コンプレックスランド」を検証する。(この記事はWWDジャパン2020年10月19日号からの抜粋に加筆しています)

WHAT’S ComplexCon?

 「コンプレックスコン」とは、米コンプレックス・ネットワークスが主催するD2Cイベントだ。同社はスニーカーやファッション、アート、フード、テレビゲームなどを取り上げるウェブメディア「コンプレックス」の関連会社。“コン”とはコンベンションの略で交流の場を意味し、2016年にスタートした「コンプレックコン」はストリートとスニーカーの祭典として、これまでにLAのロングビーチで4回、シカゴで1回開催された。

 ファッションだけでなく、パネルディスカッションやアートインスタレーション、フードなどの多彩なコンテンツが集結。村上隆やファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)がホストを務め、フューチャー(Future)やT-ペイン(T-Pain)、キッド・カディ(Kid Cudi)ら人気ラッパーの音楽ライブが行われることも人気に拍車をかけ、300ドル(3万1500円)もするVIP入場チケットが一瞬で売り切れるほど。会場限定アイテムのドロップ(発売)には、ブース毎に長蛇の列ができ、ときには暴動が起きるほどの熱狂ぶりで話題だ。

 会場となるLAのコンベンションセンターは東京ドーム(4万6755平方メートル)の約半分の広さ。17年は、イベント全体の商品売上高が2日間で2000万~2500万ドル(約21億~26億円)、入場者数が6万人、出展者数が160ブースを記録し、世界最大規模のコンベンションとして広く知られることになった。

この続きを読むには…
残り4672⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら