ファッション

「ナイキラボ」 × 「アンダーカバー」最新コレクション発売 ビジュアルには高橋盾デザイナーも

 「ナイキラボ(NIKELAB)」と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の高橋盾デザイナーが手掛ける「ギャクソウ(GYAKUSOU)」は3月12日に、最新コレクションを発売する。コレクションビジュアルには高橋デザイナー本人も登場している。

 「ギャクソウ」は、現代のランナーのために独自性のあるパフォーマンスランニングアパレルを提供したいという、高橋デザイナーの意図を実現したもの。

 最新コレクションでは、東京のランニングスポットの一つである代々木公園にちなんだグラフィックを施したTシャツ2型(各5000円)やショーツ(1万1100円)、トラックスーツ(パーカ2万5000円、パンツ1万9000円)をそろえる。トラックスーツはランナーが最適な体温をキープできるように、部分的に保温性を高めつつ、通気性に優れた最新技術"エンジニアード ナイキ サーマフィット テクノロジー”を採用した。アイテムは全てユニセックス。

 取り扱いは、公式オンラインサイトおよび、ナイキ原宿、ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)のほか一部店舗を予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら