ファッション

「ナイキラボ」と「アンダーカバー」によるコラボ、「ギャクソウ」のパンクな機能的ウエアが登場

 「ナイキラボ(NIKELAB)」は11月2日、高橋盾「アンダーカバー(UNDERCOVER)」デザイナーと協業したブランド「ナイキラボ ギャクソウ(NIKELAB GYAKUSOU)」の最新コレクションを発売する。

 最新コレクションは 「ナイキ」の“フリー ラン コミューター(FREE RN COMMUTER)”をベースに“GYAKUSOU”のロゴをあしらったランニングシューズ(2万円)をはじめ、体熱分布図(ボディマップ)を元に、背面部分に通気穴を配置したシールド・ジャケットや、収納後の持ち運びを考えてシリコン製のリングをほどこした軽量のパッカブルジャケット(2万円)、タイツ(2万円)、フリース(1万5000円)、ショートパンツ(1万2000円)などを揃える。

 発売は、「ナイキラボ」の旗艦店のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、「ナイキ」の原宿店、ナイキ+ラン クラブ ナカメグロ(NIKE + RUN CLUB NAKAMEGURO)、「ナイキ」のオンラインストア、 ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、一部の「アンダーカバー」取り扱い店を予定している。「ナイキ」の福岡店とナイキ キチジョウジ ランニング(NIKE KICHIJOJI RUNNING)はメンズのみ取り扱う。

 「ナイキラボ ギャクソウ」は、ランナーである高橋の経験の元、ランニングウエアのデザインと機能性を追求しているブランド。2010年から毎シーズンコレクションを発表。高橋のデザイナーとしての感性がナイキの先端技術と融合され、彼のパンク精神を象徴するコレクションに仕上がっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら