ファッション

ハロウィンスナップ2017 NYとロンドンの3つのパーティーからお届け

 ハロウィンが平日だった2017年のイベントは、週末に前倒しされたものが多かったようだ。10月20〜21日にロンドンのイズリントンで行われた「ヴーヴ・クリコ(VEUVE CLICQUOT)」のハロウィン・パーティー、26日にメトロポリタン美術館で行われた第1回「オール・ハーロウズ・イヴ・ベネフィット(All Hallows' Eve Benefit)」、28日にマンハッタン郊外で行われた「ユー・アー・ソー・ラッキー(You Are So Lucky)」のハロウィンパーティーからセレブのスナップや最新のハロウィン仮装をお届けする。

 「ヴーヴ・クリコ(VEUVE CLICQUOT)」のハロウィンパーティーを手掛けたのは仏「ヴォーグ(VOGUE)」元編集長のカリーヌ・ロワフェルド(Carine Roitfeld)。「ヴーヴ・クリコ・シャンパン・シリーズ・ウィドウ」の“セブン”の魅力を伝えるため、会場に七つの大罪をテーマにしたアトラクションを設置した。

 第1回「オール・ハーロウズ・イヴ・ベネフィット」のテーマは“ミスティカル(神秘)”。女優のジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)は白のカラーコンタクトを装着して登場。モデルのジョーン・スモールズ(Joan Smalls)はミニーマウスに扮し、カーリー・クロス(Karlie Kloss)はレースのキャットマスクにランジェリー姿を披露するなど、来場者はそれぞれの解釈の仮装でパーティーを楽しんだ。

 「ユー・アー・ソー・ラッキー」のハロウィンパーティーの会場は、廃墟と化したゴシック様式の邸宅。イベントのコンセプトとドレスコードは“音楽・神話・誘惑”で、来場者はボヘミアンなジプシーやガイコツなど、さまざまな仮装で音楽やダンスを楽しんだ。ウィッグやヘッドピースは倒れそうなほど大きなものもあり、プロ級のハロウィンメイクを披露する人も。来場者の仮装のクオリティーの高さは、イベントのパフォーマーと見紛うほどだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら